婦人

第三者に会社を譲る

男の人と女の人

会社における経営者の中には、会社を引き継ぐ跡取りがいないという方がいるかと思います。そういった時には、事業譲渡という方法にとって会社を残すことが可能です。事業譲渡というのは、第三者に会社の事業を譲渡することを指し、ヒト・モノ(商品・工場)・権利(取引先)まで譲渡対象として含まれます。譲渡といっても、ただで第三者に引き渡すという訳ではなく、売却という形を取ります。つまり、事業譲渡というのは売買契約や賃貸借契約による取引行為なのです。そのため、契約の範囲によっては会社における全ての事業を譲渡するだけでなく、一部の事業に限って譲渡することもできます。

事業譲渡を行なうメリットというのは、売却側と買い手側の双方において発生します。売却側におけるメリットには、現金を得ることができる・一部事業のみを譲渡できる・手元に残したい資産や従業員の契約を残せる・債権者に対して通知や公告をせず手続きできるといったメリットが挙げられます。それに対して買い手側のメリットというのは、取得したい資産や従業員、取引先との契約を選別して引き継ぐことができる他、簿外債務を引き継ぐがなくリスクがありません。主に、事業譲渡における買い手側というのは、株式上場で資金力が豊かになった会社や株式上場を目指し不足部分を補いたい会社、買収により集客力を拡大したい会社、新分野を開拓したい会社等になります。事業譲渡を検討する時には、そういった会社に話しを持ちかけてみると良いでしょう。